カテゴリー別アーカイブ: 未分類

『第7鉱区(2D字幕版)』…B級だけど、それなりに味わいはある

まずは男まさりのボーイッシュなヒロイン・ヘジュンを演じたハ・ジウォンの魅力を堪能すべしです。

戦うヒロインとくれば、『エイリアン2』のリプリーを筆頭に、『バイオハザード』のアリスなどがそれに続く訳だが、本作のヘジュンもその系譜に連なるキャラクターと言っていいです。

無鉄砲でさっぱりした性格、気に入らなければ隊長にも逆らう気っぷの良さです。

重機も巧みに操れれば、潜水も得意な上にバイクまで乗りこなす彼女の男前ぶりは、本作を楽しむという点では非常に大きなポイントとなります。

しかし本作のキム・ジフン監督は、残念ながら大きな演出ミスをやらかしてしまった。

後半のモンスターとのバトルでなぜ彼女はジャケットを脱がないのか?

ポスターでお馴染みのヘジュンのタンクトップ姿は、ヴィジュアル的にもB級映画ファンの萌え心をくすぐる要素なのに、クライマックスでは彼女は少しもその萌え姿を晒してくれないのです。

やはりここは少々出し惜しみをして、前半こそきっちりジャケットを羽織らせておき、ここぞという場面でそれを脱ぎ捨てるのがセオリーだと思います。

そこが少し残念でならないです。

賃貸管理会社 横浜

企業のストレスチェックの義務化賛成?反対?どっち?

企業のストレスチェックの義務化には反対です。答えは簡単です。どうとも操作できる検査など義務化して行う価値があるとは思えないからです。

私も、毎年ストレスチェックを受けています。しかし、役に立ったとは思えません。むしろ、他人を認め自分も認める考えを持たない限り職場のストレスは無くならないと考えます。

大体、ストレスの第1位に上げられる人間関係である。しかし、この人間関係はどうやっても楽にならない。特に、現代は昔よりストレス過多の社会である。その原因は、自分の考え以外は認めないという狭い考えから来ている。

これは、人間が未成熟のままで社会に出たためだと考える。どんな社会でも、相手を認め自分を認めるという柔軟な精神が必要である。しかし、最近は、個人主義への傾倒からか

相手を認める行為がなくなってきた。つまり子供のまま大人になる人が多くなった。そのため、自分の考え以外認めない環境が出来上がったのである。

だが、自分の考え以外認めないためにどうしても他人とぶつかる可能性が増え、その結果傷付くことも多くなった。

そんな、社会を変えようとせず、ただの紙切れ1つのストレスチェックをしても何の意味があるだろうか?しかも、検査結果をいくらでもいじれるテストなど意味がない。

ノベルティ 販売

案外いいお天気なので

11月も残すところもう少しという時期、金曜のお天気は予報からすると曇りとか小さい傘マークだったはず。

朝から午前中のお天気はけっこういい空の色で曇りはうっすら、空気はこの時期の秋らしいですが気持いいみたいな感じでした。

気分的にはそうやる気になってないから、予報からの低い気温かと思う気分で朝ごはんは和食、煮豆もあったし卵も焼いて味噌汁も作り。

心もちが低いとか疲れてるって日なら朝食は和食がベスト、シャケなんてなくてもいいから和食のスタイルになっていれば気分も持ち直せます。

朝食といったらパンでトーストが普通でしたが、この国の風土や年齢からしてもごはんに味噌汁のほうが好ましいんですね。

晴れる予報になっていてどんよりだったり降るとクールダウンしますが、曇り予報からよく晴れると案外いいお天気に心もかろやかになります。

キッチンのお掃除もこの気分ですっきりできそう、連日作業のパソコンも少しは進んでくれるかな、ショッピングは考えてからということにして。

最近のお天気不順ももういいところでしょう、小春日和の日が4日とか6日とかになってくれたら、冬にシフトする時期にあったかで師走初旬が心地いい。

社会とかいろいろはクールですからね、お天気くらいはあったか傾向になれば。

給与計算

もしかして神秘体験でしょうか

10年ほど前のことですが、いつも通い慣れた道を運転中、突然今どこに自分がいるのかわからなくなりました。自宅に戻ろうとしていたのですが、自宅がどこにあるのかもわかりません。標識の文字は読めるのですが、その文字が何を意味しているのかもわからなくなりました。
えっ何これ、どうしようと恐ろしくなりましたが、前後に走行している車もあるので、そのままこわごわ直進するしかありませんでした。ちょうどコンビニがあったので、そこに停めて、しばらくぼんやりしていたら、ふっと自分が戻ってくる感じがして、霧が晴れるように自分のいる場所が頭の中にもどってきました。その数ヶ月前にも同じことがそれも前回と全く同じ場所で起こりました。運転中のそんな不思議なことは以後はありません。
なんだったんでしょう、あれは。認知症気味の人だったら、似たようなことはもしかしたらよくあることなのかもしれませんが、私の場合は違います。それとも一瞬脳がマヒして認知症みたいになったのでしょうか。同様の体験は他の人にもあるのでしょうか。同じ場所で2回あったということは、もしかして神秘体験とかなんでしょうか。
不思議な体験だった、誰か解説してくれないだろうかと、ずっと思い続けています。

子供の写真

我が家には1歳になる娘がいます。最近だんだんと出来ることが増えてきて成長が目まぐるしいです。実家・義両親共に車で4時間の遠方に住んでいる為、中々帰ることができません。そこで我が家では娘の写真を1ケ月に1回スマートフォンのアプリを使って、アルバムを作るようにしています。つい先日義理両親に写真を送ると、「知らない間に出来ることがたくさん増えてるね!」っと成長を実感してもらいとっても喜んでくれました。月に1回の頻度なのでこちらも全く無理を感じることもありません。今日は義母から「貰った写真を作ってシャッフルプリントを作ってみたよ」と連絡があり我が家にもプレゼントしてくれることに・・・。本来ならこちらが印刷してプレゼントしないといけないのに、申し訳ないと思いつつ、その写真を見るのがとっても楽しみです。スマホによって写真のやり取りがとっても簡単になっているので、これからも細目に沢山の写真を送り、娘の成長を一緒に喜んで行きたいと思いました。
新車 安い