人種について

人種について勉強をしました。世界には、異なる人種や数多くの民族が独自の言語、宗教、文化をもって生活しています。そして、お互いが交流することにより豊かな文明や文化を築きあげてきました。しかし一方では、政治単位としての国家と人種や民族の居住する地域とが、一致しない場合があるそうです。その場合に、人種や民族間で生活や文化の違いや経済的格差から、誤解や偏見をもつようになってしばしば紛争に発展することもあるそうです。人種対立をめぐる問題は、アメリカの白人による黒人への差別、南アフリカ共和国の黒人に対する人種隔離政策(アパルトヘイト、1991年廃止)などにみられました。両国とも白人による黒人への差別の構図がみられましたがその後、人権擁護の国際世論などもあり、かなり改善されているそうです。人種・民族問題の解決には、エスノセントリズム(自民族中心主義)を克服し、寛容な態度をもつことで糸口を見いだせることになります。世界が平和に暮らせるように願いたいです。
ラブホテル新松戸はやっぱりたくさんある